2009年9月23日水曜日

バッサノ・デル・グラッパ

サチーレから車で1時間半ほど。
イタリアの食後酒、グラッパの生産で有名な町です。
グラッパはワインを絞った残りのブドウを蒸留して作るそう。
博物館やバールはブドウのいい香りがしたけど、
アルコール度が高いので(40~50度)飲みませんでした。
夫も風邪気味だったので今回はパス。
(家に帰ってから「飲んだら風邪菌が消毒されて治ったかな?」って言ってたけど。)

ブレンタ川にかかるポンテ・ヴェッキオ(アルピーニ橋)。
何度も絵画に描かれているのをみたけど、ホントに絵にしたくなる素敵な景色です。

ランチはオステリアでキノコとモンタジオのトルテリーニを食べました。季節のキノコとしっかりこくのあるチーズが美味しかった~。

町で見つけたペーストやさん。
日本語の上手な店主が試食させてくれました。
緑はパセリ・にんにく・アンチョビ・ケイパー・オリーブオイル、
赤は唐辛子・にんにく・オリーブオイル、で作られたペースト。
お店で手作りしていて、添加物はゼロ。
唐辛子ペーストは程良い辛味がまろやかで、
パセリのペーストはハーブのいい香りにアンチョビのこくがでてて、
どちらも美味しい!
さっそく買って夕食に食べてみたんだけど、
試食させてもらったものよりもなんだか赤は辛くて緑は魚臭い…。
作ったばかりの瓶のようだから、時間が経てばまろやかになるのかしら?

2 件のコメント:

いちょ さんのコメント...

バッサノってノベの近くの町だよね!
あの周辺の景色は私も好きです☆

もうここに来て1年以上経つのに、まだグラッパを試したことがありません!もうしばらくはお預けかな。。

Nanashi さんのコメント...

手作りのペースト、美味しそう。でも試食と味が違うってのは、、、時間の問題で味が変わるといいけど。魚臭すぎたら旦那さん絶対ムリでしょ? 
日本語しゃべれるって事は、日本人観光客もそれだけ訪れてるってこと?